大陸を走って横断する僕の話。

  1. 全米大陸横断駅伝プロジェクト進捗状況と今後の展開②

    前回の投稿では、主にプロジェクトの概要についてを記しましたが、今回は井上真悟の人生観からくる、プロジェクトの目的についてをまとめておきます。

    続きを読む
  2. 全米大陸横断駅伝プロジェクト進捗状況と今後の展開①

    フィリピン出国前に、ある選手から「井上さんのビジョンは具体的なことが見えないから協力しづらい」という声をもらいました。確かにそれは一理あるな…と反省し、現時点でのプロジェクト進捗状況と頭の中にある戦略について、まとめておきます。

    続きを読む
  3. 夢とは!?お金とは!?

    GARMIN協賛、台東縣政府協力により、長年めざしてきた、ウルトラランナーによる壮大な駅伝挑戦を11月18日から12月1日にかけて初めて国外で実現することができました。

    続きを読む
  4. 今さらですが。井上真悟の自己紹介。

    週末は、大会アンバサダーをつとめている毎月恒例の『東海道五十七次ウルトラマラニック』へ参加してきました。この大会は、ストイックなレースとしての『マラソン大会』ではなく、地図を片手に旅としての『マラソン+ピクニック』を愉しむ趣旨のもの。

    続きを読む
  5. 所沢3種目耐久レースを終えて。

    2015年7月11日、12日 第8回所沢3種目耐久レース一種め : 5km 17分10秒 (1位)二種め : 42.195km 3時間15分26秒 (3位)三種め : 8時間走 85.618km (1位)結果 : 総合優勝(86pt)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーこの週末は...

    続きを読む
  6. ひたすら長い距離を走るということ。

    ランニングでの挑戦にも様々なベクトルがあります。たとえば「どれだけ速く走れるだろうか?」という自分への問いかけ。

    続きを読む
  7. 奥武蔵ウルトラマラソンを終えて。

    2015年6月7日 第22回奥武蔵ウルトラマラソン記録 : 6時間17分47秒 (78km) 順位 : 21位 (年代別12位)初出場となる今回の奥武蔵ウルトラマラソン。

    続きを読む
ページ上部へ戻る