ブログ

西野亮廣エンタメ研究所の幸福洗脳化を目論む男、井上真悟。

こんにちは。

オリラジ中田敦彦さんが軌道に乗せているアパレルブランド「幸福洗脳」のCASTページに載せてもらった結果、調子にも乗り、自らの全米大陸横断駅伝プロジェクト・CASTページに中田敦彦さんを載せ、さらには魔封波返しならぬ、巻き込み返しと称して、著名人を自分のプロジェクトに巻きこもうと目論む、成功者の丸パクリ野郎こと、井上真悟です。

)自分の作成した写真加工アプリ「幸福洗脳」を中田敦彦さんが使ってくれ、写真使用許可ももらえたことに気を良くし、井上は更に舞い上がっております。

ウルトラマラソン歴代日本代表の恥と呼んでも差し支えない、この世紀の大勘違い男が次のターゲットに選んだ著名人は、なんとキンコンの西野亮廣さん。

西野亮廣さんといえば、2万人の会員数を誇る日本最大のオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」を運営されている、いま日本で最もアツイ成長者といっても過言ではない、波に乗りまくっている大物芸人さんですが、井上はいったい何を考えているのでしょう。

井上が今回の暴挙にでたきっかけは、西野さんがサロン内で発した、こんな記事を読んだからなのです▼

知的好奇心の高いサロンメンバーに発した西野さんのちょっとしたジョークを真に受け、本当に文章をコピペして、自身のブログに掲載することに決めた井上。

ブログのネタに本当に困っており、成功者の文章の焼き回しでアクセス数を稼ぎたい魂胆が見え見えです。愚かな男だ。

しかし、もしかしたら「オンラインサロンってどういうものなのか?よく知らなかったけど、「西野亮廣エンタメ研究所」の1年前の記事だけでもこんなに面白いものなのね」と感じる誰かの役に立つことも無きにしもあらず…ですので、本当にがっつり原文をそのままコピペしてみることにします。

24時間マラソン・元世界王者 井上真悟

西野亮廣エンタメ研究所2018年1月3日〜1月12日 記事から抜粋

※西野亮廣エンタメ研究所2018年1月3日記事から抜粋

※西野亮廣エンタメ研究所2018年1月4日記事から抜粋

※西野亮廣エンタメ研究所2018年1月5日記事から抜粋

※西野亮廣エンタメ研究所2018年1月12日記事から抜粋

[井上真悟の考察]

キンコン西野さんの月額千円オンラインサロンにしても、オリラジ中田さんの期間限定毎週水曜放送オールナイトニッポンプレミアムにしても、何がおもろいか?と問われれば、それはズバリリアルタイムで行なわれている実践からくる思考実験なのだと思います。

それこそが彼らのエンタメなんだ、と。

すでに中田さんのビジネスサロンに入っている私などは、毎週日曜日に動画越しに知れる中田敦彦ビジネス戦略トークが楽しみで仕方ありませんが、こういうところから何かのチャンスを見出せそうな人はオンラインサロン、入ってみるとおもろいと思います。マラソンと一緒で決断はあくまで自分の意志で。

あ、ちなみに今なら両サロン内に井上もいるよ。

西野亮廣エンタメ研究所・入会はコチラ

中田敦彦オンラインサロン・入会はコチラ


井上真悟プロフィール 1980年東京生まれ

• GARMINブランド公式アンバサダー兼ランニングコーチ

• 月刊ランナーズ・サロマ湖/四万十川100kmウルトラマラソン大会公式企画コーチ

• 著書「大陸を走って横断する僕の話。(台湾・木馬出版)」 など

[new] 幸福洗脳CASTページに掲載いただきました

26歳時、父の他界をきっかけに挑んだ通称「世界一過酷なウルトラマラソン」サハラ砂漠マラソンにて2年連続日本人1位となる。その後、ランニングコーチとして児童を対象にしたコーチング経験を積む傍ら、日本全国の児童養護施設へ走って訪れる活動を展開(2007~)出逢った全ての子供たちを喜ばせたいと思い、当時「20代では結果が出せない」と言われていた24時間走に絞った競技活動に打ち込む。2010年、伝説のウルトラランナーと呼ばれていたスコット・ジュレクとのレースを制し、20代初の同競技・世界タイトルを獲得。現在は「2020年・金栗四三のアメリカ大陸5000km横断駅伝」の実現をめざし、精力的に活動中。夢実現の手段として、2018年11月に出場した日本代表選考会を準優勝。まずは、2019年10月フランス開催・24時間走世界選手権で9年ぶりの世界王者に返り咲く予定。

ページ上部へ戻る