ブログ

井上真悟のセルフコーチングノウハウ

こんにちは。24時間マラソン元世界チャンピオンの井上真悟です。

マラソン攻略の根本となるセルフコーチングノウハウは、過去のコーチ活動のなかで発信し続けており、元旦には「ながらで学べる無料音声セミナー」として、音声データでも残してありますが、今回はオリエンタルラジオ中田敦彦のオールナイトニッポンプレミアムでも取り上げられている井上真悟作成の残日数印字型アプリ「幸福洗脳」のリリースとあわせて、ノウハウの本質のみをまとめます。

アプリそのものを活用する上で、重要な考え方になりますので、ぜひ参照ください。

幸福洗脳アプリ ダウンロードは▶ iPhone版 / アンドロイド版

アプリ使い方・用途・活用方法は▶ 幸福洗脳アプリの楽しみかた

残された時間をムダにしないために

IMG_5584

IMG_5585

IMG_5589

IMG_5588


img_5543

井上真悟プロフィール 1980年東京生まれ

• GARMINブランド公式アンバサダー兼ランニングコーチ
• 月刊ランナーズ・サロマ湖/四万十川100kmウルトラマラソン大会公式企画コーチ
• 著書「大陸を走って横断する僕の話。(台湾・木馬出版)」 など

[new] 全米大陸横断駅伝プロジェクト・CASTページ作成しました

26歳時、父の他界をきっかけに挑んだ通称「世界一過酷なウルトラマラソン」サハラ砂漠マラソンにて2年連続日本人1位となる。その後、ランニングコーチとして児童を対象にしたコーチング経験を積む傍ら、日本全国の児童養護施設へ走って訪れる活動を展開(2007~)出逢った全ての子供たちを喜ばせたいと思い、当時「20代では結果が出せない」と言われていた24時間走に絞った競技活動に打ち込む。2010年、伝説のウルトラランナーと呼ばれていたスコット・ジュレクとのレースを制し、20代初の同競技・世界タイトルを獲得。現在は「2020年・金栗四三のアメリカ大陸5000km横断駅伝」の実現をめざし、精力的に活動中。夢実現の手段として、2018年11月に出場した日本代表選考会を準優勝。まずは、2019年10月フランス開催・24時間走世界選手権で9年ぶりの世界王者に返り咲く予定。

関連記事

ページ上部へ戻る