ブログ

書きぞめをしない現代こそ【メモ×インスタ活用術】

あけましておめでとうございます。

24時間マラソン元世界チャンピオンの井上真悟です。

今回はマラソン講師としての原点に立ち返り、目標をもって2019年を生きる全ての方のためのセルフコーチングについてを書きます。

マラソンという生き方を攻略するには!?必須のセルフコーチング術について

1月2日、3日に生配信したインスタグラム内でのマラソン講義でもお話ししたとおり、

マラソンとは、今この瞬間からゴールまでの時間すべてであり、

本番までの長い日常のなかで、飽きず、怠けず、必要な能力向上とセルフケアを習慣化するには自分のモチベーションをいかにコントロールできるか!?

自分自身をコーチングする(導く)ためのテクニックや仕組みが不可欠です。

例えば今日ゴールをむかえた箱根駅伝の選手たちにしても、練習日誌を監督やコーチとシェアしながら叱咤激励をうけ、厳しい競走を勝ちぬいたからこそ、この大舞台を迎えられたことと思います。

駅伝であれマラソンであれ、いざレース本番になれば誰に助けてもらえるわけでもなく、シビアな現実を乗り越えるために問われるのは結局は個の能力ですが、

スタートラインに立つその瞬間までが孤独でなかったなら、レースは独りではありません。

モチベーションを最適化しながら日々を過ごし、レースで起こりえる失敗要因と対策を分かった上で、時間を使えるのなら、マラソンの攻略=本番で大幅失速をおさえ、やり遂げることは初心者でもできます。

そのために必要なことは、経験や精神論ではなく方法論です。

この2日間、連続で配信した

・子どもにも役立つマラソン学(約20分)

・やりぬくための燃料学(約20分)

・世界チャンピオンのなり方(約20分)

をまだ視聴していない方は、まずは下記の音声テキストをぜひお聴きください▼

井上真悟のマラソン攻略本質論

2019年のコーチ活動では様々な音声配信を率先しておこなってゆこうと考えています。

今回アップしたものは、私のコーチング指導の骨子となる基礎講座ですが、何かしながら耳から学べる無料音声セミナーとして、ぜひお試しいただければ幸いです。

※追記 : 冒頭の「子どもにも役立つマラソン学」は編集し、YouTubeにてアップしました(データが重くならないよう編集は最小に留めています) コチラ よりご覧ください。

いま見直されている、書くことの意味

先日発売されたSHOWROOM(株)代表取締役、前田裕二さんの著書「メモの魔力(NewsPicksBooks)が今 著名人のあいだで話題になっていますが、スマホ全盛期の現代だからこそ、改めて書くことの意味が見直されています。

また、日本の伝統行事「書きぞめ」は、新年の決意表明願かけの意味あいがありますが、書道の世界では丁寧に字を書こうとする姿勢そのものに精神が宿るとも言われています。

この本質はマラソンに直結することです。

私もただの素人に過ぎなかった20代のころから、仕事の疲れが溜まり憂うつな日の通勤電車、レースを惨敗した日の夜、目標があいまいで練習がマンネリ化するたびに、メモを取りだし、本心を整理することをクセづけしてきました。

どれだけスマホが進化したとしても、紙に直筆しなければ宿らない精神もあります。

そして、そのアナログにスマホを掛け合わせれば、既存のSNS上に新しいコミュニティが作れるのではないか!?

そう気づいたとき、生まれたのがインスタグラム内でのマラソンクラブ運営という発想でした。

狭く、深いSNSだからこそ活用すべきインスタグラム

私が運営してゆくインスタグラム内マラソンクラブは、

①私が作成した写真加工アプリ「幸福洗脳」をダウンロードする。

幸福洗脳アプリ (ダウンロードは下記リンクから▼)

iPhone / アンドロイド版

②アプリ入力画面に、目標のゴール名と日程を入力し、最低目標を書いたメモを撮影する。

(意味の分からない方は必ず音声セミナーをお聞きください)

#MC井上 (ハッシュタグ エムシー いのうえ)を記入した投稿をインスタグラム内でおこなう

の、3つを基本とし、まずは

④ インスタグラムで #MC井上 を検索したとき、ハラを括って自分のめざすゴールのための最低目標を宣言できる勇者たちが集まってくる

ことを最初の目的として運営してゆきます。

もちろん、# ハッシュタグ は、

#MC井上 だけでなく、目標とするゴール名

(例えば、 #○○マラソン #○○資格試験 #○○プレゼン など)

も足しておくことで、同じゴールや似たような夢をめざす人たち同士が繋がれるコミュニティを作りやすくなってゆきます。

ネット上で自分の目標や課題をさらけ出すことに抵抗を覚える人もいるかもしれませんが、インスタグラムは、Facebookとは違い本名を伏せているユーザーが大半であり、すでに実名で登録している場合でも別名のアカウントを作り、目的別に使い分けることもできます。

もちろん、実名アカウントで投稿することも全然ok !

現在のインスタグラムは、主に20〜30代の女性ユーザーによる写真投稿がメインとなりますが、直筆のメモによる目的・目標の発信、共有に特化したインスタグラムの新しい使い方をしてゆくというアイディアが、私のマラソンクラブ運営の根本です。

ちなみに、#MC井上 は(マラソンクラブいのうえ)の略ですが、なんでそんな、なんだかまるで別の職種のひとみたいな変なクラブ名にしたかについては、またおいおい

現段階で、率先して私のインスタグラム内マラソンクラブ運営に参加したいと思ってくださる方々へのお願いは、

①投稿には、必ず幸福洗脳アプリで加工した写真を使用していただくこと。

②投稿の際は、 #MC井上 を必ずつけること

の2点の徹底してほしいことです。

※なお、写真加工は「黒/赤」×「縦/横」の4パターンが選べますが、クラブ内およびご自身のアカウント内で統一感をだし、後のコーチングアドバイスを受けやすくするためにも現時点では黒×縦パターンのみでの投稿オススメいたします。

改めまして。井上真悟運営&責任のインスタ内マラソンクラブメンバー一次募集要項

「幸福洗脳」というヤバめなネーミングのブランド名(加工された写真には必ずロゴが印字されます。外せません) たいした機能のアプリでもないのに金額は600円。そして目的どおりに使うには #MC井上 という変なタグをつけてインスタ投稿しなければならない変なルール運営にご納得いただき、

それでも、オレは、私は、2019年に成し遂げたい目標がある!だからやる!

という勇者のみご参加をお待ちしています。

(今後、機能の追加とコンテンツの充実にあわせてアプリの金額は値上げを予定していますが、すでにダウンロード済みの方のアップロードは無料で対応する予定です)


井上真悟プロフィール 1980年東京生まれ

• GARMINブランド公式アンバサダー兼ランニングコーチ

• 月刊ランナーズ・サロマ湖/四万十川100kmウルトラマラソン大会公式企画コーチ

• 著書「大陸を走って横断する僕の話。(台湾・木馬出版)」 など

26歳時、父の他界をきっかけに挑んだ通称「世界一過酷なウルトラマラソン」サハラ砂漠マラソンにて2年連続日本人1位となる。その後、ランニングコーチとして児童を対象にしたコーチング経験を積む傍ら、日本全国の児童養護施設へ走って訪れる活動を展開(2007~)出逢った全ての子供たちを喜ばせたいと思い、当時「20代では結果が出せない」と言われていた24時間走に絞った競技活動に打ち込む。2010年、伝説のウルトラランナーと呼ばれていたスコット・ジュレクとのレースを制し、20代初の同競技・世界タイトルを獲得。現在は「2020年・金栗四三のアメリカ大陸5000km横断駅伝」の実現をめざし、精力的に活動中。夢実現の手段として、2018年11月に出場した日本代表選考会を準優勝。まずは、2019年10月フランス開催・24時間走世界選手権で9年ぶりの世界王者に返り咲く予定。

関連記事

ページ上部へ戻る