ブログ

幸福洗脳アプリ公開記念・元旦イベントやります!明日!

※お詫び

写真加工アプリ「幸福洗脳」のリリースは12月30日予定でしたが、iPhone版の公開に遅れが出ています。( アンドロイド版のダウンロードはコチラ )

そこで、ひと足先に

井上真悟主催アプリ公開記念イベントを無料(実費のみ)で行なうことにしました。

マラソン大会に限らず、これから成し遂げたい夢や目標のある方々のご参加をお待ちしています。

2019年、踏みだしましょう!はじめの一歩。

スマホ用アプリ「幸福洗脳」で私が行なう最初の試みは

「夢や目標を持っている人のためのマラソンクラブをインスタグラム内で運営する」ですが、

私自身 19〜22歳までの探偵時代、仕事での尾行中にクルマにはねられ国道に吹っ飛ばされたあと頭上10cmを時速60kmのトラックがタイヤをかすめていったことや、そもそも探偵時代はヤ○ザさんに追って(尾行)追われて(追撃)の毎日だったこと。お金が尽きてホームレス野宿生活を体験し、その後マラソン(失恋)と出会ったあとも、サハラ砂漠マラソン中に極限の脱水で死にかけ、30代になってからも真逆の理由でイギリス雪上400kmレースでは低体温症で朦朧とするなか命からがらリタイアできたこと、などを経て、この歳になりようやく自分の半生が台湾で出版化されたり、全国の市民ランナーの方々へ真っ当な社会人としてマラソン指導で関わらせていただけるようになれましたが、

夢や目標を叶えるには、不安をシカトして最初の一歩を踏み出せるか?

が、とても大切だと、つくづく実感しています。

そこで、今後 アプリを利用した私の様々な活動にぜひ関わってほしい!という人たちに関心をもってもらえるように、このようなイベントを企画してみました↓

夢実現ハラくくりイベント【2019はじめの一歩】

[1次集合] 15:00 京王よみうりランド駅 改札前へお越しください。

※集まった人たちで、ちょっとキツめの登り坂2kmを歩きながら(走れる人は自分のペースで先行してもらってもok)よみうりランドをめざします。体力に自信のない人でもサポートしますので、ぜひご参加くださいね。

また、小田急線・読売ランド前駅から来てもらったりバスやケーブル利用しても全然okです!

[全体集合] 16:00 よみうりランド正門前へお越しください。

(FBコメント欄またはダイレクトメッセージへ連絡もらえたら合流しやすいと思います)

[イベント趣旨/内容]

2019年はじめの一歩を気持ちよく踏み出し、夢や目標を叶えるための覚悟を自分に示しましょう!と、いうことで。よみうりランド園内の22mバンジージャンプ(絶対死なない)をみんなで飛びます。

[必要なもの]

・ウォーキング(またはランニング)に適したシューズ

・園内入場料 1400円

・バンジージャンプ料金 900円

・覚悟

(バンジー後は、園内のアトラクションや飲食ブースでの交流会をおこないます。防寒具もお持ち下さい)

解散は各自のご都合にあわせてでokです。

なお、元旦一発目のバンジージャンプ体験記念を動画で残せるこんなサービスもあります↓

(スマホで良ければ、もちろん私もみなさんの飛んでる動画撮ります🙆‍♂️)

この季節は、ジュエルミネーション満喫期間!

この期間のよみうりランドは、宝石色に散りばめられたジュエルミネーションの魅力が満載!

バンジーを飛んだあとには、幻想的な夢の世界が待っています(^^)

こんな幻想的な世界が、飛んだあとには↓

こんな幻想的な世界が②↓

バンジー後には、こんなところでお互いの夢や目標を語り尽くしましょう↓

インパクトのある2019年元旦を飛べたあとには想い出も購入可能です↓

イベント参加特典

ランニングのことやそれ以外でも、私で答えられることであればお気軽にご質問&ご相談もください。必要であれば、呑み食いしつつ、目標達成のコーチングも無償でおこないます。


井上真悟プロフィール 1980年東京生まれ

• GARMINブランド公式アンバサダー兼ランニングコーチ

• 月刊ランナーズ・サロマ湖/四万十川100kmウルトラマラソン大会公式企画コーチ

• 著書「大陸を走って横断する僕の話。(台湾・木馬出版)」 など

26歳時、父の他界をきっかけに挑んだ通称「世界一過酷なウルトラマラソン」サハラ砂漠マラソンにて2年連続日本人1位となる。その後、ランニングコーチとして児童を対象にしたコーチング経験を積む傍ら、日本全国の児童養護施設へ走って訪れる活動を展開(2007~)出逢った全ての子供たちを喜ばせたいと思い、当時「20代では結果が出せない」と言われていた24時間走に絞った競技活動に打ち込む。2010年、伝説のウルトラランナーと呼ばれていたスコット・ジュレクとのレースを制し、20代初の同競技・世界タイトルを獲得。現在は「2020年・金栗四三のアメリカ大陸5000km横断駅伝」の実現をめざし、精力的に活動中。夢実現の手段として、2018年11月に出場した日本代表選考会を準優勝。まずは、2019年10月フランス開催・24時間走世界選手権で9年ぶりの世界王者に返り咲く予定。

関連記事

ページ上部へ戻る